ユーチューバーさんの影響でデカ盛りチャレンジ!

私はYouTubeで動画を見ることが好きなのですが、最近ハマっているのが大食いの動画を見ることです。

今日は1日の大半を大食い動画を見て過ごしてしまいました。

今日発見したユーチューバーさんは「ロシアン佐藤」さんという女性の方で、本当にすごい量を食べるんです。

以前、テレビ番組で一度だけ見たことがあり、とんでもないなという印象を受けていたので、今日動画を初めて見たときは「あ、あの時の人だ!」とすぐに思い出しました。

デカ盛り料理を出すお店に行って、チャレンジメニューに挑戦したり、自宅でデカ盛りメニューを自分で作って食べたりする動画が沢山アップされていました。ただ、食べるだけでなく、自分で作るというところが家庭的で見ていて楽しくなりました。

大食い動画にハマっていると言いましたが、食べ方があまりきれいでないような方が食べているところを見るのは正直苦手です。

ですが、ロシアン佐藤さんは本当に食べ方がきれいで…というより、まず一口の大きさがすごい!!!

軽めのお茶碗1杯分ぐらいだったら一口で行けちゃうんじゃないかってぐらい大きいんです。

美味しそうに食べるし、最後の一粒、一滴までしっかりと食べきる姿がとても気持ちいいです。

こんな大食いの動画をずっと見ていたら、私もデカ盛りが食べたくなってきてしまいました。

私も周りの人と比べればよく食べるほうだし、一口の大きさが大きいなと自分で感じることがあり、食べたいものを思う存分食べたいなという衝動に駆られてしまいました。でも、近所にデカ盛りを出すお店なんてないし、節約中ということもあるので、実際に自分で作ってみました!!

メニューはというと…卵かけご飯です!!!!

「え?デカ盛りじゃないじゃん。というより、作ったのうちに入らないじゃん。」と思いますよね(笑)

でも、これもロシアン佐藤さんの動画の影響なんです。ロシアン佐藤さんがいろいろなトッピングをして、ひたすら卵かけご飯を食べる動画を見て、無性に食べたくなってしまったんです。

炊きあがったご飯に卵をかけて、家にあるものでトッピングを楽しんでみました。

かつお節、ふりかけ、納豆、食べるラー油などなどいろいろと試してみて、とっても満足することができました。

なんだかんだで2号弱食べてしまった気がします…。もう満腹…これは明日動いて消費しなければまずい…

でも、楽しかったし、美味しかったのでOKです!

次は大好物であるからあげを思う存分食べたいなーなんて、すでに考えています。

日本の教育について思う事

幼稚園から小学校、中学校、高校、そして大学へ進学してみて、改めて日本の教育について自分なりに、不器用ではあるが考えてみた。日本における教育は、大きく分ければ、学校教育と課外の教育に分けられる。学校教育はさらに分けようとすると、国や地方自治体が設立している公教育、私的に設立している私立教育、さらには外国人を対象としたインターナショナルスクールなどがある。最近では日本人が日本に住みながら、グローバル化が進んでいることもあってかインターナショナルスクールに我が子を通わせるという事例もあるという。

自分が日本で義務教育、そして高等教育を受けてきた中で感じたのは、公教育が十分に整備されていないことと、そのために私教育が必要になるのだが、結局そこで親のマネーゲームが展開されて格差の世襲が起こっていることだ。

公教育だけでは立派な人格形成や難関大学への進学がかなわないから私立の学校や進学塾に親は行かせようとする。しかし資本力のない家の子供はそうは行かない。その時、子供は何も悪いことをしていないにもかかわらず、他の子供との間に格差が生じてしまうのだ。今、というより前からずっとだが、日本では公教育の無償化をさらに拡大しようという動きが続いている。

たとえば幼児教育を義務教育にして無償化の対象にするであったり、給食費を無償にするというといったやり方でだ。しかし、この議論においては「質」という重要な観点が抜け落ちている。確かに幼児教育の無償化は子供を持つ親にとっては魅力的だろうし、子供を作るインセンティブにもなるだろう。

しかし、無償化や義務教育化を急いで推進するあまり、子供の幼稚園や保育園での生活の質が犠牲になるということはないだろうか。確かに日本の生活水準は以前ほどではないにしろ世界で相対的に見たら今だに高い位置にある。しかしその陰に隠れて相対的貧困に苦しむ子供たちがいるのだということを自分は発信して行きたい。